ペニスが小さい原因やデメリットや解決法を公開!短小で後悔するな!

ペニスが小さいのはなんでなんだろう?
チング先生しってるずら?

ヘンタウロス

原因は色々考えられるペ二。
今回はそれに関して話していくペ二。

珍狗先生

「ペニスが小さくて温泉やトイレで気になる…。」
「女の子とセックスすらまともにしようと思えない…。」

ペニスが小さいと、どうしても自分の殻に引きこもりがちになってしまいます。

確かにこれがネックで彼女に振られてしまったり、なにかしらの不幸があった人もいるかもしれません。

それに、今はペニスが小さくなくても、何かしらの原因でペニスが小さくなってしまう可能性もあります。

小さくなってから後悔しても遅いですので、そうならないためにも、ペニスが小さいことによるデメリットから、原因、対策等を解説していきます。

早いうちに知っておいた方がいいこともありますので、早めの対策をとっていきましょう。

心理面からくるストレス

原因の前に先にデメリットを話しておくペ二。
デメリットを知ることは大事ペ二。

珍狗先生

まずは、上でも軽く紹介しましたが、ペニスが小さいことによる心理的な面でのデメリットに関してお話しします。

実際、ペニスが小さい問題で、一番参ってしまうのが心理的なストレスでしょう。

自分のペニスサイズが小さいと思っている人の多くは、女性に対して自信をもてなかったり、強気になれません。

▲過度なストレスは自分を壊す
原因にもなりかねない大きな問題になります。

そして、こういった弱気な気持ちは徐々に強くなっていき、最終的に自分自身にも自信を持てなくなってしまいます。

『自分に自信が持てなくなる』というのはどういうことかと言うと、仕事や恋愛などから積極性が消えてしまうということです。

積極性が消えてしまうと、物事が成功するビジョンが見えなくなったり、失敗する結果ばかりを考えてしまうようになります。

こうなってしまうと、知らぬ間にストレスが溜まってしまい、体調を崩してしまったり、大きな病気に繋がってくる可能性もででくるかもしれません。

ストレスがたまるのはつらいずらね。。。
ストレスが病気を引き起こすとかはよくきくずら。

ヘンタウロス

ペニスが小さいことによる身体的問題

続いて、身体的な問題についてです。

一般的にペニスが小さい人は、大きい人に比べて包茎になりやすいです。

実際、日本人男性の7割は仮性包茎と言われているのは、海外の男性のペニスに比べて小さいことも要因の1つと言われています。

日本人に関して言えば、仮性包茎が多いため、仮性包茎なら大した問題ではありませんが、問題は真性包茎や嵌頓(かんとん)包茎です。

真性包茎や嵌頓包茎によるデメリットはいくつかあります。

・他のペニスに比べて病気になりやすい
・女性との性行為で白い目でみられる可能性がある

これらに関して少し詳しく話していきたいと思います。

病気になりやすい

真性包茎や嵌頓包茎の人は、他のペニス比べてペニスにまつわる病気になりやすい傾向があります。

このことを「包茎が病気になりやすいっていうのは噂だ。」と言っている人がたまにいらっしゃいますが、これは噂ではなく事実です。

とはいえ、包茎だから絶対にこの病気になるといったようなものではなく、あくまで可能性やリスクの問題です。

包茎になると、普段から亀頭部が皮で覆われてしまうため、抵抗力が強くなりずらく弱くなりがちです。

こうなってしまうと、病原菌などを受け取ってしまった際に、抗体が機能することなく、病気にかかってしまう可能性がたかくなります。

同様に恥垢も溜まりやすく、これが原因で起こるペニスの炎症も、必然的に多くなってしまいます。

実際に包茎が原因で発症しやすくなってしまう病気には、性病である『クラミジア』やペニスの炎症である『亀頭包皮炎』、おおきな病気である『陰茎癌』などが挙げられ、病気の規模も大きいものから小さいものまでさまざまです。

女性との性行為で白い目で見られる

ペニスが小さいという点で一番気になるのは、やはり女性に関してではないでしょうか。

自分のペニスサイズが気になってしまうせいで、女性の前で服が脱げないという人も多いかもしれません。

実際は、ペニスのサイズが小さすぎない(勃起時10cm以下ぐらいが目安)限り、女性から言ってくることはあまりないです。

その後、誘われることはないかもしれませんが、その場は乗り切れることができるでしょう。

しかし、小さすぎて、なおかつ包茎になってしまうと、そういうわけにもいきません。

というのも、こういったペニスの人と性行為を行うのは、女性側としても病気が移りやすかったり、不潔に思ったりなどデメリットがあります。

そのため、自信を持ってペニスを出すのに小さくて包茎だと厳しいでしょう。

メンタル面の問題けど、病気等も危ないペ二。
デメリットは案外大きいペ二。

珍狗先生

確かにそうずらねぇ。。。
なかなか不安になってくるずらねぇ。

ヘンタウロス

まぁまだ心配はいらないペ二。
解説を続けるペ二。

珍狗先生

ペニスが小さくなる原因の可能性がある3つの要因

では、ペニスが小さい人はどうしてそうなってしまったのでしょうか。

ペニスが小さいことの原因として考えられることは主に3つあります。

・遺伝によるもの
・血行不調・栄養不足によるもの
・肥満体系によるもの

実はこれらの中では、あまり関係がないものもありますので、これらもそれぞれ紹介していきます・

遺伝によるもの

やはり、体のことに関してですので、一番に考えられるのは遺伝でしょう。

もし遺伝によってサイズが決まるなら、親のペニスが大きければ子供のペニスも大きくなるはずです。

実際、ペニスサイズが遺伝の影響を受けるという説に関しては、賛否両論があります。

そのため、影響があるのかないのかを一概に話すことは出来ませんが、ペニスサイズは生まれてから生活習慣に依存してサイズが変わることが比較的多いです。

もちろん遺伝の影響もあり、早くから大きくなったり自然に大きくなったりする可能性もあります。

特にペニスが成長するのは、第二次成長期と呼ばれる10歳から17歳の間と言われており、この期間は遺伝の影響もさることながら生活習慣も非常に重要になってきます。

血行不調・栄養不足によるもの

次にあげられるのが、血行不調や栄養不足です。

生活習慣にも関わってくることではありますが、食生活の乱れや睡眠時間の不足等により生じる、栄養不足などはペニスにも影響をもたらします。

ペニスも身体の一部であり、成長には成長ホルモンや栄養が必要不可欠ですので、この頃に生活習慣がきちんとできていない場合、ペニスは小さくなりがちです。

スポーツも重要でスポーツ選手はペニスが大きいと言われるのは、日々スポーツをすることによって男性ホルモンが増え、それによりペニスサイズも大きくなっていったと考えられています。

そのため、第二次成長期に運動や部活等をしていた人は、比較的ペニスが小さくなりづらいです。

結論として、普段から栄養不足や血行不調が続いていると、ペニスは小さくなる可能性があるということになります。

肥満体系によるもの

最後が肥満体系によるものです。

よく、「太っている人はペニスが小さい」という話が言われますが、これは事実なのでしょうか。

これに関しては、半分正解で半分間違いというのが一般的な考え方のように思えます。

というのも、太っている人の中にはペニスサイズは普通だけど、脂肪のせいで小さく見えるという人も実際にいるからです。

こういった人はペニスが小さいわけではありませんので、当てはまりません。

しかし、長い間太った状態をキープしていると、脂肪によって血液の循環が悪くなり、ペニスが小さくなってしまう人もいます。

そのため、この話は半分正解で半分間違いになるというわけです。

この3つが考えられるペ二。
どれも当てはまる可能性があるペ二。

珍狗先生

具体的に注意できるのは、生活習慣ずらねぇ。
生活習慣で大きく変わりそうずら!

ヘンタウロス

ペニスは小さくても大きくすることはできる

ここまで読むと新オアになると思うペ二。
でも大きくすることはできるから心配いらないペ二。

珍狗先生

これまで説明してきたように、ペニスが小さくなる原因は、意外と身近に潜んでいます。

今現在ペニスが小さくなくても、これから先小さくなる可能性はゼロではありません。

小さくなってから後悔しても仕方ありませんので、普段から意識して過ごすことが重要です。

保険をかけるわけではありませんが、もし仮に、何らかの原因によってペ二スが小さくなってしまっても、大きくすることはできます。

小さくなるのなら、大きくできるのも当然だろうと思う方もいるかもしれませんが、その通りです。

そして、ペニスを大きくする方法はいくつかありますのでそれぞれを簡単に紹介していきます。

それぞれの詳しい説明に関しては、「ペニスを大きくする4つの方法公開!ペニス増大で人間が変わる!?」で詳しく書いていますので、詳細に関してはこちらを参照にしてみてください。

ペニス増大手術

ペニス増大手術
おすすめ度 (4/5)
費用 1回50.000~円
増大率 自分が満足できるサイズになる
効能期間 即効性あり(手術によっては永続性なし)

ペニスを大きくする方法として、一番メジャーなものは『ペニス増大手術』でしょう。

ペニス増大手術の特徴は、効果に即効性があることと、納得のできるサイズになることです。

こういった利点がある一方で、これから紹介する方法に比べて費用が高くなることやリスクが伴うというデメリットがあります。

ペニス増大手術は、とにかく即効性を求めたい人や、自分が納得するサイズにしたいという人におすすめできるペニス増大法と言えます。

ペニス増大手術に関しては、「【必見】ペニス増大手術ってどうなの?メリットデメリットを徹底解説」で詳しくまとめていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

ペニス増大器具

ペニス増大器具
おすすめ度 (4.6/5)
費用 14,800円~
増大率 国によっては医療機器として使われている
効能期間 最低3ヶ月

2つめに紹介するのが、ペニス増大器具です。

ペニス増大器具は大きく分けて2種類あります。
引っ張ってペニスを大きくする『牽引型増大器具』と圧力を使ってペ二スを大きくする『ポンプ型増大器具』です。

一般的に認知度が高いのは、牽引型ペニス増大器具で、ポンプ型増大器具と違い医療機器としても認可されているため、ここでは牽引型を紹介します。

牽引型増大器具のメリットは、つけておくだけでペニス増大できることです。
最初少しの間はペニスに違和感があるかもしれませんが、1週間もしないうちになれ後は日常通り過ごすだけで気付いたら大きくなっています。

ペニス増大器具に関しては、「怪しすぎる!?ペニス増大器具って何?本当に効果はあるの!?」で詳しくまとめていますので、メリット・デメリットなどが知りたい方は見てみて下さい。

ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリ
おすすめ度 (4.3/5)
費用 1ヶ月10.000円前後
増大率 増大手術には劣るが、効果は期待できる
効能期間 最低3ヶ月

3つ目に紹介するのが、ペニス増大サプリになります。

ペニス増大サプリのメリットは、比較的安価でリスクなしでペニス増大を狙うことができる点です。

逆にデメリットとしては、即効性がないことと、効果を期待するためにチントレ等が必要になることが挙げられるでしょう。

ペニス増大サプリは、安価で安定してペニス増大を狙いたい人にお勧めできる増大方法になります。

チントレ

チントレ
おすすめ度 (3.0/5)
費用 ローション費用等
増大率 増大手術には劣るが、効果は期待できる
効能期間 最低6ヶ月

最後に紹介するのが、チントレになります。

チントレのメリットは、費用がかからないことです。

それに対してのデメリットは効果が出るまでにかなり時間がかかるため、続ける意欲がない人でないとやめてしまいがちな点でしょう。

チントレに関しては、しんどいものではありませんので、比較的続けやすいトレーニングにはなっていますが、続けられる自信がない人にはあまりおすすめができません。

大きくできるならひと安心ずら。
どの方法がいいずらかね?

ヘンタウロス

どれでも大丈夫ペ二。
困ったら次に紹介する方法を試してみるといいペ二。

珍狗先生

ペニスを大きくするベストな方法はこれ!

ペニス増大を狙うならこれが一番おすすめペ二。

珍狗先生

上で4つの方法を簡単に説明しましたので、中でもおすすめの方法を紹介しておきます。

ペニス増大を目指す際のベストな方法は、チントレ+増大サプリの組み合わせです。

この2つをそれぞれ単独で行うと、長期間必要になったり、効果が期待しづらいのですが、併用することで大きく変わってきます。

また、増大手術に比べてリスクがないのもお勧めできる理由の1つです。

ペニスを大きくしようとして、ペニスが壊死してしまったり、ペニスを切り取らなければならなくなてしまっては何の意味もありません。

増大手術を1番におすすめできないのはこういったデメリットが伴うからです。

とはいえ、ペニス増大の即効性は期待できますので、急いで大きくしたい方は増大手術をおすすめします。

▲増大サプリは種類が多く効果が期待できないものも多い。
そのため、きちんとした実績があるものを購入するのがおすすめ。

増大サプリは、種類が多く効果が期待できないものが多くありますので、きちんとしたものを購入することが必要です。

そのため、きちんとしたものとして、売り上げが増大サプリの中でも圧倒的な『ヴィトックスα』や最初の30日間に返金保証がついている『ヴォルスタービヨンド』をおすすめします。

この2つの増大サプリに関しては、別記事「噂の増大サプリ、ヴォルスタービヨンドがどんなサプリか徹底調査!」、「ヴィトックスαはどんなサプリ?ネットで噂の増大サプリを徹底調査!」で詳しく紹介していますので、気になる方は覗いてみて下さい。

併用するべきチントレに関しても、こちら「【やりすぎ注意】チントレで超巨根に!効果抜群の3つのチントレ方法」でまとめていますので、チェックしてみて下さい。

ペニスが小さくなる原因・対処法まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ペニスが小さくなる原因やデメリットから、そうなってしまった際どのように大きくするかを詳しく解説していきました。

ペニスサイズは男性の永遠の課題ともいえますので、小さくならないように日ごろから意識して生活し、もし小さくなってしまったら大きくなる方法をためしてみて下さい。

ペニスサイズを意識して頑張っていきましょう。